ランディングページ(LP)とは何か【3分で理解できます】
企画・営業
ライティングページ の役割、必要性、効果をざっくり知りたい。 あとは効果のあるライディングページの構成なんかも教えて欲しい。

上記の疑問にお答えしていきます。

この記事を書いているぼくは理系大学卒業からIT企業でエンジニア、今はフリーランスとしてランディングページ制作をしています。なので、これからランディングページを発注したい方向けに記事を作ってみました。

本記事の内容
  • 「ライティングページ」とは?役割、必要性、効果が分かる
  • 効果ある「ランディングページ」の構成を理解できる

ランディングページ は”広告”から”コンバージョン”する役割を担うページです

ライティングページ 役割はコンバージョン

以下の通りです。

  • 役割:キーワード→広告流入→ランディングページ →コンバージョン
  • 目的:コンバージョンさせること
  • 効果:バックエンドへの誘導

順番に解説していきます。

役割は「キーワード→広告流入→ランディングページ →コンバージョン」

悩み事した時は、まずGoogle検索する人が多いかと思いますが、最近はYoutubeでもレビューを探し検索したりした経験はありませんか。

スマーフォンを使っていれば、スマートフォンの誤操作でたまに広告をぽっちてしまい、広告に飛ばされ、すぐに戻るなんて経験は誰だってあると思います。 興味がない場合は、とてもウザく感じますが。

このキーワード検索による広告を「リスニング広告」と言ったりします。

具体的に今回は「プログラミングスクール」をキーワードにリスニング広告を見ていきましょう。

Webの場合は、以下の通りです。

Webの場合

YouTubeの場合は、以下の通りです。

YouTube リスニング広告

繰り返しになりますが、これらは「検索キーワード」に合わせたリスニング広告です。このリスニング広告をクリックした後に表示されるのが”ランディングページ “です。

具体的にYouTubeで表示された一番上の広告をクリックしてみます。

以下がライティングページ です。

※画像だと縦に長すぎて、見にくいのであきらめてリンクにしました。

このランディングページからコンバージョン(Conversion)してもらいます。コンバージョンとは簡単に言うと「成果」のことです。 というわけで、広告流入とコンバージョンをつなぐ情報がライティングページ というわけです。

目的は「コンバージョンさせること」

繰り返しになりますが、ランディングページ の目的は「商品を広告すること」ではなくユーザーのアクションを促しコンバージョンさせることです。

ある「検索キーワード」で流入してきたユーザーは何かしらの目的を持って、「検索」している訳なので、「検索キーワード」からユーザーの需要に対し解決策の提示をする流れになります。

例えば、具体的には以下の通りですがよく見かけるボタンです。

  • コンバージョン例1:無料 資料請求
  • コンバージョン例2:お問い合わせ
  • コンバージョン例3:無料相談

商品によって色々なコンバージョンがあります。

具体的には以下の通りです。

効果:「バックエンドへの誘導」

  • サービス系:(脱毛、浮気調査) →「無料相談」、「無料体験」、「お問い合わせ」
  • 情報系:(FX、ビジネスノウハウ) →「無料セミナー申し込み」「無料ノウハウ資料請求」
  • 物販系:(健康食品/サプリ) →「公式サイトへの誘導」、「購入ページ」

上記のとおりでして、サービスや商品によってランディングページ の”成果”は様々な形が存在するといった感じです。

効果:「バックエンドへの誘導」

こちらはそのままです。

ランディングページ の効果は「バックエンドの誘導」です。ユーザーの需要に対しする商品やサービスまで誘導していくといった感じです。

ライティングページ のデザインの特徴は5つあります

ライティングページ のデザインの特徴は5つ

以下の通りです。

  • 特徴1:縦長レイアウトでセールストーク
  • 特徴2:ユーザー需要に合わせたデザインが吉
  • 特徴3:リンクは少なく、コンバージョン ボタンは大きめ
  • 特徴4:イメージ画像多いので制作コストを最小化
  • 特徴5:SEO対策は不要です

順に補足していきます。

特徴1:縦長レイアウトでセールストーク

ランディングページ の主流は「縦長レイアウト」です。

理由は以下の通りです。

  • 理由1:スマホ向けデザイン
  • 理由2:セールストーク

上記のとおりでして、まるで優秀な営業マンがセールストークしているかのように間髪入れず話してくるイメージに似せています。

Web版の営業マンといった感じですね。

特徴2:ユーザー需要に合わせたデザインが吉

よく見かけるランディングページ のデザインは、デザインが派手な印象があります。

ここは、ユーザー層にあったデザインが吉です。

例えば、20代向けにはシンプルなデザインが好まれ、50代向けには派手なデザインが好まれる傾向があるようにターゲットとなるユーザ層に好まれるデザインが吉です。

特徴3:リンクは少なく、コンバージョン ボタンは大きめ

ランディングページ 内に極力リンクはない方が良いです。

理由はリンクを貼ると離脱される可能性が高いからでして、ページ間の離脱率は30%と言われています。せっかく広告から流入してきたユーザーを離脱させるのは残念ですよね。

よほどの理由がない限りは無駄なリンクは避け、コンバージョンボタンへ誘導するといいですね。

特徴4:イメージ画像多いので制作コストを最小化

よく見るランディングページ はがほとんどが画像で構成されているページを見かけます。 発注者側の想いは、「低単価」で「短納期」ですよね。

エンジニアの僕の立ち位置から見ると、コーディング量がとても少なく短納期で納品可能です。その分低単価案件になリがちなので、こういった案件を発注している発注者には近寄らない方が吉です。

特徴5:SEO対策は不要です

クラウドワークス案件を見ていると、たまに「ランディングページ制作&SEO最適化」と要望されている発注者がいます。

ランディングページ では広告からの流入なのでSEO対策する必要がないのです。仮にSEO対策を試みてもページの少ないライティングページ には「信用性」がないのでSEO対策には不向きです。

なので、ターゲットキーワードに対し、的確にコピーライティングしていくのが良いです。

ランディングページ の構成は4つで構成されています。

ライティングページ の構成は4つ

以下が基本です。

  • 構成パート1:タイトル
  • 構成パート2: 本文
  • 構成パート3:クロージング
  • 構成パート4:追伸

この記事の読者さんはどこかで見たことがあるかもしれませんが、順にざっくり解説していきます。

構成パート1:タイトル

「タイトル」の目的はターゲットを次の「本文」に誘導する役割を持っています。そのため、ターゲットの課題に対する提案を感情に刺さるように、訴えかけたタイトルの内容にする必要があります。

例えば、以下の通りです。

  • 「自由な働き方」でエンジニアで食っていくためのプログラミングスクール〇〇〇
  • 「話せる英語で社内評価を独り占め」英会話スクール〇〇〇
  • 「毛根から二度と手が生えなくなる前」にAGA治療クリニック〇〇〇

よく見かけるタイトルですが、ターゲットの感情面に訴えかけるタイトルが吉です。

構成パート2: 本文

「本文」の役割はターゲットを「クロージング」に誘導する役割を持っています。この本文ではターゲット課題に対する提案をロジック面から訴えかけた内容にする必要があります。

例えば、プログラミングスクールを例にすると以下の通りです。

  • 結果:未経験から最短3ヶ月でエンジニアに!!年収400万円以上
  • 理由:3ヶ月間の学習カリキュラムで無理なく初心者でもエンジニアに
  • 信頼:学習カリキュラムは年間200人以上の方をエンジニアに育成した実績と根拠
  • 安心:私たちプログラミングスクール⚪︎⚪︎⚪︎は、あなたを全力でバックアップ

「本文」はロジック面で構成されていて、ターゲットを納得し、安心してもらうような内容にします。

構成パート3:クロージング

「クロージング」の役割は、もう一度提案を別の角度からターゲットに訴えかけるパートです。

例えば、以下の通りです。

  • 駅近5分
  • 22時まで!!
  • 期間限定
  • 全額返金

上記の通りですね。

よく見かけるコピーですが効果は抜群です。ただ、ターゲット層を「いますぐ客」に設定している場合に限ります。

構成パート4:追伸

「追伸」は結論だけ見たい人向けに、まとめた内容を整理しておくパートです。

例えば、以下の通りです。

  • 未経験でも手に入る「自由な働き方ができるエンジニアへ」
  • 未経験から最短3ヶ月でエンジニアに!!年収400万円以上
  • 駅近のワークスペースで仕事帰りでも22時まで学習OK
  • 3ヶ月学習しエンジニアになれなかったら全額返金保証付き

ざっくりとランディングページの構成を解説してきました。各構成パートには「こんな役割があるんだな」とイメージつかめればOKです。

さいごに

今回は「ランディングページ 」の目的や特徴、そして構成について解説してきました。

これから商品をターゲットにアプローチするため、「ランディングページ 」をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

今回は以上です。

関連記事