【マップ図解】未経験からエンジニア転職するためのプログラミングスクールまとめつつ徹底比較
転職を検討中
プログラミング未経験で転職希望です。プログラミングスクールを検索しても山のように出てくるスクール情報がどれも同じに見える。比較検討したいけどめんどくさい。できれば、経験者から分かりやすく教えてほしい。

上記の悩みを回答していきます。

本記事の内容
  • 未経験から転職するためのプログラミングスクールをマップでイメージできるようになる
  • プログラミングスクールの特徴も把握することができる

この記事を書いているぼくは、以下の通りでして信頼性は高いかと思います。

  • 新卒で大手IT企業へ就職し、携帯電話を4年ほど開発していた
  • 2019-20年に働きながらテックキャンプ(旧テックエキスパート長期コース)で学習
  • 2020年 フリーランス として活動中

転職するためのプログラミングスクールマップ

未経験から最短でエンジニアへ転職するためのプログラミングスクールをマップで解説していきます。

未経験からエンジニア転職のためのプログラミングスクールマップ

※スマホだと少し見えにくくなってしまいました。。。拡大し確認してみてください。

ポイントは3つあります。以下の通りです。

  • オンラインか通学型か
  • 予算はどのくらいか
  • 期間はいつまでか

似たようなサービス内容や学習内容でどれがいいのかとてもわかりにくいですよね。

理由は、各スクールが微妙に異なるサービス展開しているためです。ある程度俯瞰しまとまった単位でみてくと違いがみえてきます。

という事で、詳しくみていきます。

オンラインか通学型か

ここは可能な限り、通学型がいいと思います。

理由は、通学型の教室にはたくさんのスクール生が学習しています。その環境で学習するといい刺激になり、モチベーションを下げにくいからです。

実際に、ぼくはテックキャンプ(旧テックエキスパート)で、平日は自宅、週末に教室へ向かい学習していましたが、周囲のスクール生と顔を見て話すとモチベーションが落ちにくかったです。

とはいえ、地方在住の方や近くに教室がない人は、オンライン型を選ばざるおえません。

でも、オンライン型はスクール生が挫折しやすい分、スクール型もしっかりフォロー体制をととのえているので、ご安心を。

予算はどのくらいか

予算はとても重要です。

転職を考えている方、まだ仕事している方はプログラミングスクールの費用を決め、ある程度お金をためてから行動するのが良いかもです。

スクール費用で生活もままらない状態では、学習どころではなくなります。ある程度余力を残しつつ、スクール予算を確保するといいです。

すでに、仕事をやめてしまっている方は、ローン払いも可能ですが、正直おすすめしません。

無収入になると生活費でへっていく、貯金に徐々に精神が削られていきます。ぼくは、過去に同じような事があったのでとても気持ちがわかります。

そんな精神状態でローンを組むのはかなりしんどい。。。

期間はいつまでか

いつまでに転職したいになりますね。

「すぐにでも転職したい」と思いますが、未経験者であれば最低3ヶ月のほどスクール学習した方がベータです。

理由は、 WEBアプリを開発するだけでも、HTML CSSなどのフロントサイド、RubyやPHPなどのサーバーサイド言語、サーバー知識、コード管理などとても幅広いバックグラウンドの知識が必要です。

3ヶ月ほど必死で学習し、未経験からエンジニア転職を実現していきましょう。

未経験者が短期でガッと学習するプログラミングスクールの特徴

それでは、特徴を「オンライン型」、「通学型」、「その他」で分類しつつ、解説していきます。

大半のプログラミングスクールが"転職できなければ全額返金"があります。

本気で転職するつもりであれば、受講料なんて"おまけ"です。エンジニアに転職できれば、受講料なんてすぐにペイできるからです。

とはいえ、気になる場合は、事前説明会のときにヒアリングして確認しましょう。

オンライン型:挫折しないよう強力なメンター指導

転職向けオンライン型プログラミングスクール

オンライン型は、スクール生が挫折しやすい環境です。その分スクール側は強力なメンター制度でバックアップ体制を整えています。

それぞれのプログラミングスクールの特徴は、以下の通りです。

比較は以下の通りです。

テックキャンプ エンジニア転職TechAcademy Proポテパンキャンプ
コース名短期集中転職保証選抜 + オープン
年齢制限なし32歳以下なし
返金制度ありありあり
期間10週間12週間6ヶ月
(4ヶ月+ 2ヶ月)
学習最低時間600時間300時間480(週20時間)
費用約65万円約30万円約45万円(30万 + 15万円)
メンター制度ありありあり
メンター属性経験者現役エンジニア現役エンジニア
学習内容Webサイト、WebアプリWebアプリWebサイト、Webアプリ
言語HTML / CSS / JS / Ruby / PHP / MySQL JavaHTML / CSS / JS / Ruby / PHP / MySQL
転職支援ありありあり
チーム開発なしなしあり(現役エンジニアと開発)
オリジナル
アプリ開発
ありありあり
無料体験なしなしなし
特記14日間無条件返金保証-・ポテパン経由で転職決定で返金
・転職先は大半が東京

通学型:スクール生同士の"つながり"ができる

転職向け通学型プログラミングスクール

通学型のプログラミングスクールの特徴は以下の通りです。

以下が詳細な比較表です。

テックキャンプ エンジニア転職DMM WEB CAMPtech boost proDIVE INTO CODE
コース名短期集中転職コース(通常講座)ベーシック / ディベロップ / イノベーティブWebエンジニアコース
就職達成プログラム
年齢制限なしなしなしなし
返金制度ありありありあり
期間10週間3ヶ月3ヶ月4ヶ月
学習最低時間600時間480時間300時間720時間
費用約65万円約63万円約60万円約59万円
メンター制度ありありありあり
メンター属性経験者現役エンジニア現役エンジニア経験者
学習内容Webサイト、WebアプリWebサイト、Webアプリプロックチェーン 、AI、IoT /
Webサイト、Webアプリ、
Webサイト、Webアプリ
言語HTML / CSS / JS / Ruby / MySQL HTML / CSS / JS / Ruby / MySQL HTML / CSS / JS / Ruby / PHP / MySQL  HTML/CSS / JS / Ruby /
転職支援ありありありあり
チーム開発ありありなしあり
オリジナル
アプリ開発
ありありありあり
無料体験なしなしなしあり
特記14日間無条件返金保証通学 または オンライン可プロックチェーン 、AI、IoTから1つ選択可事前学習あり

その他:ユニークすぎるスクール

転職向けユニークなプログラミングスクール

料金や学習期間、サービス内容がユニークなプログラミングスクールです。

特徴は以下の通りです。

以下が詳細な比較表です。

CodeCamp GATE侍エンジニアGEEKJOBキャンプ
コース名エンジニアへの転職を目指す転職コース社会人転職コース
年齢制限あり:20代なしあり:20代
返金制度なしありなし
期間(目安時間)4ヶ月3ヶ月1ヶ月〜3ヶ月
学習最低時間400時間300時間120〜360時間
費用約48万円約46万円無料
メンター制度あり(専属)ありあり
メンター属性現役エンジニア現役エンジニア現役エンジニア
学習内容ECサイト、ポートフォリオ 開発オーダメイド課題学習
言語HTML / CSS / JS / PHP / MySQLRuby もしくは JavaJavaもしくは PHP
転職支援ありありあり
チーム開発あり(メンターと開発)なしなし
オリジナル
アプリ開発
ありありあり
無料体験ありありあり
特記--・ギークジョブ経由での転職
・大学生就職コースもあり

如何でしたか。

やっぱり、大枠のプログラミングスクールの違いや特徴がつかめたと思います。

次は、どのプログラミンスクールがいいのか、解説していきます。

学習言語の決め方のポイントは、”興味”や””楽しそう”でOKです

今、プログラミングでどんなアプリを作ってみたいですか?

例えば以下の通りです。

  • 小中規模のWebサイト、Web ECサイト→ HTML、CSS、Javascript、Ruby 、PHP、Mysql
  • Androidアプリ、大規模のWebシステム バックエンド→Java、Mysql

上記の通りでして、単純に作りたいアプリがあれば、その言語を選択すると良いです。

理由は、モチベーションを維持できる方です。

未経験からプログラミングを学ぶのは、かなりハードルは高めでして、学習のモチベーションを維持するのは結構大変です。マジで。

理由は、プログラミングをしていると必ずプログラミングの基礎知識の理解でつまづき苦しみ、コーディング実装方法でも苦しみます。そして、コーディング時のエラーの解決に苦しみます。ぼくも過去に何度も苦しみました。

今のぼくは、上記のことが当たり前すぎてその度に苦しむということはありませんが、未経験の方であれば結構しんどいかもです。

なので、最初の学習ハードルを下げるためにはモチベーション維持は必要なので、”興味”や”楽しい”といった感情的な部分に従うのがいいです。

作りたいアプリがない人へ

とはいえ、作りたいアプリがない人は、戦略的に進めましょう。

まずは、市場をみましょう。

転職したいと考えている企業のサービスを調べつつ、どのような言語を使用しているか調べます。

そして、その言語を学べるプログラミングスクールを選べば、最短で転職に近づけます。

お試しあれ。

どのプログラミングスクールもぶっちゃけ同じという話

繰り返しになりますが、どのプログラミングスクールも大半が同じサービス内容ですね。

学習する言語は違えど、サービスにそこまで大きな差はありません。

例えていえば、全国にたくさんある専門学校ですが、ある専門学校に入学したら就職ができなかったなんてことはあり得ません。

プログラミングスクールもそれと同じです。

結局、どんなエンジニアになっていくかは本人の次第といったところです。そのための環境をど大きいと思います。

結局はプログラミングスクールは、ただの環境で自分次第です

今回は、対象に転職したい未経験者を対象とした最短でエンジニア転職ができるプログラミングスクールを比較してみました。

ぶっちゃけ、どのスクールも失敗することはないです。

スクール側も生き残りをかけて、競合他社に負けないように必死にサービス向上しているので。

ぼくは、テックキャンプ(旧テックエキスパート 50期生)長期コース(半年)プログラミング学習していましたが、短期コースのスクール生は次々と転職されていきました。

短期通学型コースの特徴として、スクール生どうしで仲が良いことかなと思います。

一緒に人生を変えるために頑張った時間を共有することは、人生の中でも何回もあるわけではないので、いい繋がりになるのかなと思います。

という事で、今回はこんな感じです。 では、良いプログラミンスライフを!!

未経験からエンジニア転職のためのプログラミングスクールマップ

オンライン型

通学型

その他

関連記事