30代だからこそプログラミングスクールへ通うべき意味を考える
30代非エンジニア
30代でもう後がない。プログラミングスクールにいく意味はあるのか知りたい。

上記の悩みに回答していきます。

本記事の内容
  • 30代プログラミングスクールに行くべき意味が分かる
  • スクール後のキャリアの考え方が分かる

この記事を書いているぼくは、30代でして現在プログラミングスクール(テックエキスパート名古屋)で学習中です。

同じ時期にスクールに入ったスクール生は、つい先日30歳でTwitter転職を成功させました。なので、30代でもまだ諦める必要はありません。

それではいってみましょう。

30代でエンジニア就職が難しいと言われる理由

一般的に「30代は転職がむずかしい」なんてよく聞きますが、ざっくり考えて以下のような要因だと思います。

  • 20代の方がコスト(給料)が安い → 30代だと生活コストが20代よりも高い傾向にあるので希望年収が高くなりがちです。
  • 若いコミュニティに馴染めない → Web業界は若い人が比較的多いので縦・横のコミュニケーションしづらいと思われがちです。
  • 頭が硬い → 経験即だけで判断しがちなので、キャッチアップにコストが掛かりそう。

上記の感じでして、「若い20代を採用したほうが良い」というのも分かる気がします。

冷静に考えてみると、30代より20代のほうが転職する母数も多いわけで統計で言うと、20代の方が転職しやすいという話になっているという事もあるわけです。

上記を把握しつつ、前に進むために行動しましょう。

全体の傾向ばかり気にしていても実現したい事は叶いません。固定概念みたいなものを捨てつつ、行動してみましょう。

20代より30代がプログラミングスクールに通うべき理由

本題です。

20代の方が転職しやすいのであればプログラミングスクールは30代の為にあるようなモノです。

30代でプログラミングスクールスクールに通うべき理由は以下の通りです。

  • 30代は若さで採用される事はない
  • 独学している時間はないからお金で解決
  • 40代は30代よりもっと難しい

上記の通りです。20代であれば若さゆえのポテンシャル採用という事があります。30代の場合、経験則に基づいて判断しがちで頭の柔らかさが足らない傾向が多いのでポテンシャル採用はあまりされません。

30代は20代よりも金銭的に余裕がある人も多いので、プログラミング初期学習はお金を掛けてサクッと終わらせましょう。

独学も無理ではないと思いますが、我流よりもプログラミングスクールの方が圧倒的に学習コストが合理的です。

たとえば、独学の場合は自分で基礎プログラミングのロードマップをつくりつつ、メンターもいない環境で学習していくので圧倒的に非効率です。

あとは、30代でエンジニアを目指したいと考えている人は、「もっとはやく目指しておけば良かった」と悔やんでもなにも始まらないので、さっさと行動してしまいましょう。40代だともっと難しくなります。

プログラミングスクール出身の30代を企業からみたメリット

ざっくり考えてみて、30代は20代よりも企業にとってそんなに悪くないと思います。

以下の通りです。

  • コスト(給料)が高いが簡単に仕事を辞めない
  • キャッチアップコストが少ない

世間一般論ですが、20代より30代の方が給料が高つきますが、20代ほど簡単に転職をしにくいので長く働いてくれる社会的信用があります。

30代は20代に比べ、社会人経験が豊富なので仕事におけるキャッチアップするまでのコストが低いです。

仕事はコミュニケーションで始まり、コミュニケーションで終わります。プログラミングスキルなんてその一部に過ぎないです。企業の売り上げを最大化するために不要なコストを削減しつつ、結果に対して合理的な選択ができます。

プログラミングスクール卒業後のキャリア

プログラミングスクールを卒業した後は、1つのキャリアで終わる事はありません。

以下の通りです。

  • スクール→フロントエンジニア→サーバサイドエンジニア
  • スクール→サーバサイドエンジニア→ブロックチェーンエンジニア
  • スクール→サーバサイドエンジニア→DB設計エンジニア
  • スクール→フロントエンジニア→Webディレクター

ITスキルは日進月歩なので、スキル習得するとキャリアも変わります。もちろん会社の方針もありますが、ITエンジニアはその他業界よりも圧倒的に多様なキャリアが描けます。

例えば以下の通りです。

  • 1995年・・・Windows95とインターネット(ISDN)普及でホームページ制作
  • 2000年・・・ITバブルでシステム開発が主流
  • 2008年・・・スマホが売り出され、アプリ開発、iOSエンジニア、携帯組込み開発が普及
  • 2020年・・・5G通信で動画ビジネスが主流

上記の通りで、時代毎の需要で求められるスキルも変化します。頭を柔らかくしつつ、古い経験則は捨てつつ、新しいスキルを柔軟に取り入れていきましょう。

「楽しい」、「興味ある」、「向き・不向き」でその状況下で最適な解を選んでいけばいいです。

さいごに:つねに行動しまくるのが吉

行動していれば、古い経験は勝手にアップデートされ、新しい知識で上書きされます。

繰り返しになりますが、30代だと経験則にもとづいて損得を判断しがちで、企業にとっても、社会にとってもお荷物になりかねません。

今の時代、大企業では45歳以上がリストラ対象です。動かなくなった生産性が低い社員を抱え利益を最大化できないビジネスモデルになってきたからです。

これからは、企業に人生を託す生き方ではなく、自分でマネジメントしていく時代です。

プログラミングスクールでさくっと初期スキルを習得しつつ、エンジニアライフを自らマネジメントしていきましょう。

という事で、今回は以上です。

関連記事