大企業へ入社し2~3年目の若手社員の"これから"の将来を考える

こんにちは!!大企業で社畜しているさとし(@3104shimizu)です。
  • 新卒で大企業へ働いているけど、なんだか消化不良
  • 大企業で働いてるけど、自分の進む方向が合っているのか分からない
  • 今のまま、定年まで大企業で働き続けていいのか分からない
  • なにかやりたいけど、何したらいいか分からない

 

新卒で、とりあえず大企業に入社し、仕事もある程度できるようになってきた入社2~3年目。

だけど、自分が進む方向や、何かやりたいけど何すればいいのかわからない人、ほんとにこのまま定年まで働き続けていいのか、って悩みを持っている人って意外と多くないですか?

 

今回は若手社員のこんな悩みを解決するヒントになればいいかな。

それでは、いってみましょう!!

大企業で働いているだけじゃ成長ないよ

ここで言いたいのは、ただ単純に上司から言われた事だけを淡々と仕事をこなしているだけじゃ、個人の成長なんてないよって事です。

 

そもそも、勘違いしているケースが非常に多い。

若手
でも、最近1人で仕事ができるようになってきたけど??

それは、会社の仕事に慣れただけ!!
成長とは言わんでしょ。
1日8時間以上、毎日仕事やっていれば誰だってできるようになるよ

 

じゃあ、成長ってなに??って事ですが、それは相対的に周りが決める事

 

例えば、サラリーマンなら年に1回、もしくは2回の上司から評価されます。

なので、会社からあなたを見た時の評価

 

もう一つ例を。

転職活動していてあなたの経歴を高く評価した会社からオファーされた。

これは、会社Aからあなたを見た時の評価

 

成長っていうのは、市場からあなたを見た時の総合的な相対的評価。それが真の価値がある、成長だとって僕は考えてます。

単純に仕事が一人前にできるようになったからって、成長したって勘違いしてはダメ!!

試しに年収500万円の僕が市場価値を査定してみたので、気になる人は読んでみて下さい。

https://3104shimizu.info/archives/664

大企業は昔の成功モデル

今の時代、個人で稼いでいる人は沢山います。今はそういう時代なんです。

いい学校から大企業への就職なんて昔の成功モデル

 

今は、"個人で稼ぐ"って事が大切です。

 

20代だからこそ大きくリスクを取れる。それは、失敗してもやり直しがきく年齢だから。

定年まで大企業からの収入1本で生きていく方がリスクを感じませんか?

定年まで働ける保証もないのだから。

 

生き抜くためにどういう戦略で収入源を増やすかと考えるのが大事。

 

例えばこんな風に。

  • 収入源を増やす為に、大企業で働きながらその経験を武器に収入源を増やしてみる
  • 不動産投資で収入減を増やす為に、大企業で働きながら銀行から借り入れしてみる
  • 高収入のフリーランスになる為に、大企業から業界を変えて転職してみる

 

やりたい事は、生活費に困らない程度の収入が安定的に入ってくる仕組みを作った後にやればいい。

さいごに:収入源をもう1本作ろう!!

まずは、収入源をもう1本作ってみよう!!

 

目標なんてない。成し遂げたい事も特にない。ただ淡々と大企業の中で時間をつぶし働いているだけ。

将来どうなるかなんてわからない。それなりの生活ができる給料とそれなりの自分の時間があればいい。

でも、なにか物足りなさを感じる。満たされない気持ちもある。

 

気持ちは分かります。

でもね、今こそ大きくリスクを取れる20代だからこそ、"個人で稼ぐ"に挑戦してみて欲しいです。

 

  • 高単価フリーランスエンジニアになる為に、プログラミングスクールに通ってみる
  • 本業で働きながら、少しずつでもスモールビジネスをやってみる
  • 年収を上げるために、競合他社に転職してみる
  • 意思決定の経験を積みたいから、大企業からベンチャー企業に転職してみる

 

なんでもいいと思います。世の中、色んな仕事があって色んな人がいます。

ただ単に、会社と家の往復で時間を消費してしまっているのは、すごく勿体ないです。

ぜひ、挑戦してみて下さい!!

 

では、また。

関連記事