【30代プログラミングスクール生向け】スクール卒業後のフリーランス生存戦略を考える
30代スクール生<br>
30代だけどプログラミングスクール卒業後にフリーランスとして活動できるか不安すぎる。どういった戦略があるか知りたい。

上記の悩みをすこしだけ解決します。

本記事の内容
  • 30代だからできる生存戦略(フロントエンド)
  • フリーランス属性が分かる

この記事を書いているぼくは、35歳です。現在プログラミングスクールフリーランスコースを受講中でして、実際どうやって稼いでいく道があるのか考え中です。せっかくなので共有させてもらいます。

また、Web系にはフロントエンド系とバックエンド系が存在しますが、今回はフロンドエンド系のお話になります。

さっそく、はじめます。

30代プログラミングスクール卒業後の生存戦略

転職→フリーランスが現実的

30代だから転職が厳しいといって、フリーランスを目指すのは愚かです。転職厳しいならフリーランスはもっと厳しいです。そんなに世の中甘くはないです。

まずは、以下をオススメします。ぼくはこの戦略を実行予定です。

  • 転職しつつプロのスキルレベルを経験しつつ、フリーランス活動を進めるのが吉

理由は実務を経験する事で中・高スキル層で戦うべきです。すなわち低スキル層で戦わない事。

解説していきます。

イメージは以下の通りです。

フロントエンド領域はスキルの参入障壁が低いので、低スキル層が多いです。その分単価も低く消耗しやすい領域になってくるのでおススメしません。

企業で実務を経験すると、中スキルになるので低スキル層とは戦う必要は無くなります。一気にブーストをすることができます。

なので、企業での実務経験はとても有利という事。

30代だからできる生存戦略

30代には20代に負けない仕事力があります。「20代で積み重ねてきた経験」があります。

例えば以下の通りです。

  • マネージメント経験がある
  • 課題解決能力が高い
  • コミュニケーションスキルが高い
  • 作業効率が高い
  • ビジネス感覚がある

20代に何に時間を使いどんなスキルを得たかを整理しつつ、メインのスキルと相性がいいスキルを掛け合わせることがポイントです。

フリーランス属性について

フリーランスには大きく分けると以下の2通りがあります。

  • 経営型フリーランス
  • 労働型フリーランス

ぼくが考えるフリーランスについて順に解説します。

経営型フリーランス

主に労働時間を自らの資産に変える働き方です。

例えば、ブログやYoutubeなどのストック型ビジネスを中心コンサルティングや自らの商品を販売していく働き方です。

もちろん、難易度は高く、実績から自らをセルフブランディングしながら影響力を獲得していく、世論の信頼を獲得していくスタイルです。

世の中の需要に対して情報を供給していくためマーケティング力や集客力は欠かせません。いつでも法人化できるスキルを持ち合わせる方です。

実際に法人化して活躍されている方は以下の通りです。

  • @IHayato・・・現在は仮想通貨メインの投資家&YouTuber。前職はトップブロガー。
  • @manabubannai・・・アフィリエイトやエンジニアを軸に情報発信されている方。今は投資家に転職
  • @mofmof_investor・・・不動産と副業を軸に情報発信されている方

経営型フリーランスを目指す方はフォロー必須です。

労働型フリーランス

主に自分のスキルや時間を提供し対価を頂く働き方です。

特徴としては以下の通りです。

  • スキルを上げて単価交渉していく戦略
  • 競合激しめでスキルマネジメント必須

順に解説します。

スキルを上げて単価交渉していく戦略

スキルの経験に応じて単価交渉をしていくもっとも一般的な戦略です。

単価交渉ができるように自分で需要あるスキルリサーチをしつつ、スキルマネージメントをしていく必要があります。

なにをどれくらいのレベルでどんな事が実績があるのか、スキル提供できるかをポートフォリオでアピールします。

競合激しめでスキルマネジメント必須

スキルを上げて単価交渉する戦略は、もっとも一般的な戦略です。つまり、どこスキルでどれくらいの経験があるかは、競合するポジションが多くなりがちです。

やはり、希少性スキルや得意スキルを持って保有しておく必要があるので日頃からの学習が必須です。

フリーランス営業方法は4つほどあります

以下の通りです。

  • エージェント経由
  • 直接企業へ営業
  • 転職した企業と案件契約
  • Youtube、ブログ、SNS

順に解説していきます。

エージェント経由

高い技術を追求したい方は、営業時間をスキル学習に時間を使う事も効果的。ただ、当たり前ですがエージェント経由すると案件紹介料がひかれます。でも合理的な選択です。

直接企業へ営業

企業との繋がり、企業との交渉力があれば、企業に直接営業する方法です。

企業の需要(課題)をリサーチし、しっかりメリットを提示しつつクロージングするような営業方法が必要です。

前職で営業経験がある方はとても有利な方法だと思います。エンジニアは営業が苦手な人が多いので、かなり競合は少ないと思います。

転職した企業と案件契約

転職した企業で頑張り、企業にとって不可欠な人材になるまで頑張ります。その時期が来たら、退職と引き換えに終業時にしていた仕事を案件にしてもらい契約する方法です。

Youtube、ブログ、SNSなど

セルフブランディングでして、 営業と言うよりは世の中に対して情報を発信し社会的な信用を蓄積していく方法です。

もちろん、直接営業してもいいですがギブしまくり信用と蓄積した方が案件は獲得しやすいです。

まとめ:30代だからと諦めないで共に進みましょう

ぼくは、35歳でプログラミングスクールに通っています。先日まで転職を諦めていました。

でも、昨今終身雇用が崩壊の時代にWeb企業が社員を定年まで雇用しようと考え採用しているとは考えにくいわけです。

なので、ぼくはフリーランスから一度実務を経験するために転職に挑戦しようと思います。経過報告はブログにて発信していきますので、同じ境遇の方は一緒に前に進みましょう。

今回はかなり荒削りな記事になってしまいました。すみません。。。

という事で、以上です。

関連記事